詳細情報

項目名内容
データ番号 E0027
名称 JMSII コホート研究
概要 日本人一般住民における循環器疾患発症に関するコホート研究。脳卒中発症、心筋梗塞発症、死亡等がアウトカム。JMS I コホート研究(ベースライン1992-1995)から約20年経過し、時代変化を観察でき、より現時点でのリスク評価が可能。
エンドポイント 脳卒中発症、心筋梗塞発症、死亡、他
ゲノム・遺伝子研究 実施
拠点 自治医科大学
期間 2010-
地域 秋田県横手市大森町、栃木県下野市、富山県上市町、岐阜県郡上市、香川県綾川町綾南、佐賀県唐津市加唐島、大分県中津市(平成25年3月まで)
対象 40-75歳 8000人、75歳以上 2000人
方法 住民検診を利用(特定健診、高齢者健診)、ゲノムコホートとしてSNPs解析(高血圧、糖尿病、肥満、アルコール等)、10年間追跡
人数 対象者数:10,000人(40-74歳:8,000人、75歳-:2,000人)
バイオバンク 大規模地域ゲノムバンク/介入・コホート研究推進事業
参照 1) 「大規模地域ゲノムバンク/介入・コホート研究推進事業」|戦略的研究費等|産学官連携・研究支援|自治医科大学
2) 糖尿病トライアルデータベース
3) JMSII コホート研究
備考
DB登録日 2015-03-26
データ更新日 2016-03-10

一覧に戻る