詳細情報

項目名内容
データ番号 B0021
名称 難治疾患バイオリソースバンク
概要 東京医科歯科大学難治疾患研究所は、平成21年6月25日に、文部科学大臣により、全国共同利用・共同研究拠点「難治疾患共同研究拠点」に認定され、平成22年4月1日より難治疾患に関する研究者コミュニティの方々と共に本拠点のミッションにより、共同利用・共同研究を推進。これまでに蓄積したバイオリソースを関連研究者コミュニティへ供することにより、難治疾患の病因・病態形成機構解明に資することを目指している。
拠点 東京医科歯科大学 難治疾患研究所
設立年 2010年
資金 国の公的研究費
対象疾患等 肥大型心筋症、拡張型心筋症、不整脈、冠動脈硬化症、甲状腺自己免疫疾患、自己免疫性糖尿病、大腸がん、難治性動脈炎(高安病)、難治性動脈炎(バージャー病)、難治性動脈炎(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)、慢性関節リウマチ、HIV/AIDS、原因不明先天異常症、各種癌細胞、グリオーマ等(2016年1月)
試料 *1 ① 末梢血ゲノムDNA、がん組織と周辺常粘膜のDNA、EBV株化Bリンパ球、癌細胞樹立株、初代培養細胞等
② 家族性肥大型心筋症発端患者262件、グレーブス病398件、橋本病243件等(「難治疾患バイオリソース一覧」より)

試料情報 HLAやCTLA4等の解析データ、Kras、APC変異、マイクロサテライト不安定性解析、関連資料等(試料による)
利用方法 共同研究・研究集会公募情報」を参照して申請
利用条件 生命倫理・安全対策への取り組みを必要とする研究については、法令等に基づき研究所内外の委員会等による承認手続き、教育訓練の受講などが必要となる場合あり。
知的財産権については協議の上定める。
(「平成27年度東京医科歯科大学難治疾患共同研究拠点共同研究・研究集会課題随時募集について」より)
費用
倫理審査等 *2 (各年度の公募課題参照)
参照 1) 難治疾患バイオリソースバンク | 難治疾患共同研究拠点 | 国立大学法人 東京医科歯科大学 難治疾患研究所
2) 難治疾患共同研究拠点 | 国立大学法人 東京医科歯科大学 難治疾患研究所
備考
DB登録日 2016-03-17
データ更新日 2016-03-29
*1 : ① 種類 ② 数 ③ 収集方法 ④ 取扱資料等
*2 : ① IC等 ② 倫理委員会 ③ 倫理審査結果

一覧に戻る